【まとめ】ハイフの「二の腕」への効果

若い頃と比べて、二の腕の太さが気になるようになってきていませんか?

若い子の引き締まった二の腕と、太い二の腕を見比べると、
どうしてもおじさん/おばさんっぽい印象を与えてしまいますよね。

この記事では、一般にたるみやシワに効果的と言われるハイフが、
二の腕にどのような効果があるのかをまとめてみました。

ハイフの効果や、二の腕のシェイプアップに興味のある方はぜひ目を通してみてください!

ハイフとは

HIFUとはHigh-Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略称です。
切らずにできる「痩身治療」です。

超音波を一点に集中させて、皮下4.5mmにある「SMAS層」を狙い、
ピンポイントにエネルギーを届けることで、皮膚表面は傷付けずに痩身治療を行うことが可能です。
(SMAS筋膜(表在性筋膜)がゆるむことで、シワやたるみの原因となります。)

顔へのハイフの施術では、肌の奥に存在するSMAS筋膜を刺激する効果があり、
ハリを持たせることで、お肌の若々しさを保ったり、
シワやたるみを軽減させる効果が期待ができます。

ハイフは、顔だけでなく身体中に効果が期待できるので、
顔のシワ・たるみや、身体全体の体型維持などに用いられ、モデルの間でも話題となっています!

またその安全性や効果から、実際の病院の内科や皮膚科などでも導入されています。

従来はメスを使った切開手術によるアプローチが主流でしたが、ハイフを顔に当てることによって、
メスを使わずにSMAS層に働きかけることができ、現在美容業界で注目されています。

実際に当院でも多くのお客様に顔やボディへのハイフを行ない、
「シワが消えた」「たるみが減った」「10歳くらい若返った」などの喜びの声をいただいています。

ハイフの二の腕への効果は?

時間のない方向けに結論から言うと、
ハイフは二の腕にも非常に効果的です。

ダイエットされる方はご存知かもしれませんが、
食事制限や運動制限では、「部分痩せ」をするのはとても難しいです。
そういったアプローチは大変根気が必要ですし、多くの方が諦めてリバウンドしてしまいます。

ハイフは、皮下脂肪に超音波エネルギーがダイレクトに伝わるという特徴があります。
なので、脂肪の落ちにくい部分や、痩せたい部分にピンポイントであてることによって、
多くの方を悩ませる二の腕のシェイプアップにも非常に効果的となっています。

脂肪の落ちにくい二の腕に悩む方は、
ハイフを使った、最先端の切らない「脂肪吸引」を一度試してみてはいかがでしょうか。

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP